大レースの中でも特別なレースである日本ダービー

競馬には、天皇賞、有馬記念、ジャパンカップなど数々の大レースがありますが、その中でも関係者が1番思い入れがあるレースと言えば、それは日本ダービーに他なりません。
競馬ファンである私も、日本ダービーとは、他のGTレースとは違った雰囲気があります。
まず、レース当日の雰囲気からして異様なものがあり、ダービーデイというのはファンであるこちらも緊張感があります。
全ての競馬関係者が目指す、まず最初の大レースが日本ダービーで、そこには競馬関係者の計り知れない想いがあるわけです。
それをわれわれファンも敏感に感じ取ることから、このような緊張感が生まれてくるのだと思います。
ファンにとっても関係者にとっても特別なレース、それが日本ダービーなのです。

競馬で勝つなんて絶対無理と思っていましたが…

私は以前、競馬には全く興味がありませんでした。
というのも「あんなの絶対勝てる訳ないじゃん」と思っていたからです。
10何頭も賭けるウマがいて、しかもそのうちの3頭を順番通り当てるなんて絶対無理!と思っていたのですが、最近勝ちすぎて脱税の容疑をかけられ、裁判している人がいると聞き、「本当に勝っている人がいるんだ!」と最近競馬を見直しました。
よくインチキサイトで「あなたにだけ教える競馬必勝ソフト。
先着限定!」なんてのがありますが、その裁判をしている人は自分で必勝ソフトを開発したと聞き、心の底から驚かされました。
もしそのソフトが販売されたら…と思うとかなり胸が熱くなりますが、きっとオッズも下がっちゃうんでしょうね(笑)。

 

 

マーチンゲール方式の馬券購入

ネットの競馬予想屋(競馬メルマガ ウマメル)で、必ず儲かるという宣伝文句につられてレース予想情報を
1年間ほど買ったことがあります。過去の予想を見ると、確かに高い確率で当たっていました。
馬券の買い方はマーチンゲール方式を使ったもので、負けた時は次の予想時に倍額
賭けていくのです。勝ちレースで必ず収支プラスになる仕組みです。
予想情報はレース開始の本当に直前に送られてきて、注意していないと買い逃してしまいます。
しばらくデータをとってみると、たしかにこの方式で予想屋の予想通り買えば儲かるのですが、
私はやめてしまいました。何だか無味乾燥な感じがして、飽きてしまったのです。
絶対儲かるという看板に偽りはなかったのですが、私には向いていなかったようです。